不安

不安障害は最も一般的な精神障害の1つですが、これらの状態の慢性的で障害をもたらす性質は、しばしば深刻に過小評価されています。これは、診断不足と治療不足につながっています。不安障害を経験する生涯有病率は10.4から28.8パーセントの範囲です。不安障害は、機能障害または重大な苦痛に関連する過度の不安、恐怖、心配、回避、および強迫的な儀式などの主要な機能のさまざまな組み合わせを特徴とする精神障害のグループです。

プライマリケア環境における不安

 スクリーニングツール

  • 全般性不安障害7項目スケール(GAD7ツール)
    • GAD-7のスコアリングと評価の尺度
      • スコア5-9:軽度の不安
      • スコア10-14:中程度の不安
      • スコア15+:重度の不安
    • スコアが10以上の場合は、提供されたヘルスプランの紹介情報に従って、行動療法の専門家にさらに評価を求めてください。

会員資料