統合失調症

統合失調症は、歴史を通して人々に影響を与えてきた慢性の、重度の、そして無力化する脳障害です。アメリカ人の約1パーセントがこの病気にかかっています。

障害のある人は、他の人には聞こえない声を聞くことがあります。彼らは、他の人が自分の心を読んだり、自分の考えをコントロールしたり、自分を傷つけようと企んでいると信じているかもしれません。これは病気の人を怖がらせ、引きこもりや非常に興奮させる可能性があります。統合失調症の人は、話すときに意味がない場合があります。彼らは動いたり話したりせずに何時間も座っているかもしれません。統合失調症の人は、自分が本当に考えていることについて話すまで、完全に元気に見えることがあります。

治療は統合失調症の多くの症状を和らげるのに役立ちますが、障害を持つほとんどの人は生涯を通じて症状に対処します。しかし、統合失調症の多くの人々は、地域社会でやりがいのある有意義な生活を送ることができます。研究者たちは、統合失調症の原因を理解するために、より効果的な薬を開発し、新しい研究ツールを使用しています。今後数年間で、この作業は病気の予防とより良い治療に役立つかもしれません。

患者が統合失調症または他の精神病性障害を持っている可能性があると思われる場合は、これらの状態を診断および治療する専門知識を持つ精神科医または他の精神科専門医に紹介してください。支援が必要な場合は、Beacon HealthStrategiesに電話してください。ツールキットのこのセクション内の資料は情報提供であり、統合失調症または精神病性障害を診断および治療するために使用することはできません。

会員資料