心的外傷後ストレス障害(PTSD)

米国の人々の約60%は、生涯に少なくとも1回の重度の外傷を経験しており、そのうち約9%がPTSDの完全な診断基準を満たしています。有病率は、集団の外傷性曝露によって異なりますが、プライマリケアを受けている患者の12パーセントと推定されています。 PTSDは、特に成人のプライマリケアでは診断も治療もされないことが多く、患者は他の主訴を頻繁に呈し、PTSDは鑑別診断で考慮されません。 PTSDの衰弱性は、重大な身体的、心理的、社会的併存疾患および関連する医療費と相まって、プライマリケア提供者による識別の改善と適切な介入の必要性を示しています。

会員資料

スクリーニングツール