産後うつ病

産後うつ病は、出産後1年以内に女性の12〜20パーセントに影響を及ぼします。診断も治療もされていないうつ病は、女性を病気や対人的および心理社会的困難のリスクを高めます。さらに、うつ病の女性の子供は、不安や破壊的/うつ病性障害の割合が高く、人生の早い段階で始まり、しばしば成人期まで続きます。

会員資料

スクリーニングツール