摂食障害

摂食障害のある人は、神経性食欲不振症と神経性過食症の間の連続体に沿ってしばしば発生する幅広い症状を示す可能性があります。摂食障害は女性の間でより一般的に見られます。しかし、男性もこれらの障害に苦しんでいます。女性と男性の有病率の比率は6:1から10:1と推定されています。体重へのこだわりは、食欲不振と過食症の両方の主な症状です。最初に神経性過食症を呈した一部の患者は、その後拒食症の症状を発症する可能性があります。体重減少の原因に関係なく、著しく低体重の患者は、医学的に監視された栄養リハビリテーションプログラムを必要とします。

診断と治療のためのガイドライン

会員資料

スクリーニングツール

  • SCOFFの質問
  • SCOFF質問のスコアリングと評価スケール:
    • 「はい」の回答ごとに1ポイントを獲得
    • 2以上のスコアは、神経性食欲不振症または神経性過食症の可能性が高い症例を示します