青年期のうつ病

子供と青年のうつ病の有病率は、年齢と個人のスクリーニングに使用される方法に応じて、人口の2%から8%の範囲です。診断も治療もされていないうつ病は、人々を病気や対人関係、心理社会的困難のリスクを高めます。さらに、うつ病は、特に思春期の少年の間で自殺行動のリスクの増加と関連しています。

診断と治療のためのガイドライン

会員資料

スクリーニングツール