注意欠陥/多動性障害(ADHD)

注意欠陥/多動性障害(ADHD)は、最も一般的な慢性小児障害の1つであり、その有病率は増加しています。 2016年の全国調査データによると、米国の2〜17歳の子供の9.4%がADHDと診断されており、2〜5歳の子供の2.4%が含まれています。その全国調査では、2歳から17歳の子供の8.4パーセントが現在ADHDを患っており、540万人の子供を表しています。現在ADHDを患っている子供と青年の間では、ほぼ3分の2が薬を服用しており、約半数が過去1年間にADHDの行動療法を受けていました。ほぼ4分の1はADHDのどちらのタイプの治療も受けていませんでした。

ADHDの症状は小児期に発生し、ADHDのほとんどの子供は、青年期から成人期まで症状と障害を持ち続けます。 ADHDの子供は、学校や社会環境での行動を制御するのが困難な場合があり、学業の可能性を十分に発揮できないことがよくあります。さらに、ADHDは他の精神障害とともに頻繁に見られます。

ADHDの子供を効果的に長期管理するための鍵は、ADHDの治療に経験のある臨床医による継続的なケアです。フォローアップセッションの頻度と期間は、ADHD症状の重症度に応じて、家族と子供ごとに個別化する必要があります。他の精神疾患の併存症の程度;治療への反応;家庭、学校、職場、または仲間に関連する活動の障害の程度。

診断と治療のためのガイドライン

ヘルスケア有効性データおよび情報セット(HEDIS®)1 ヒントシート

会員資料

スクリーニングツール

1 HEDISは、米国品質保証委員会(NCQA)の登録商標です。